トップ> 脱毛ガイド > 永久脱毛とは

永久脱毛とは

永久脱毛とは永久的にムダ毛が生えない状態を維持することです。といってもまだ永久脱毛の方法が開発されてから永久と言えるほどの年数が経っていないため文字どおりの永久脱毛というわけではありません。

アメリカの権威ある団体の見解では6ヶ月間生えてこない状態と定義されているようです。日本で永久脱毛と呼べるのは医療レーザー脱毛と針脱毛に限られています。(スーパー脱毛等除く)

永久脱毛とはこのふたつはどちらも毛根を破壊してムダ毛の再生を防ぐ方法なので、他の脱毛よりははるかに再生率もスピードも低くなります。

針脱毛(ニードル脱毛)はかつて主流だった脱毛法で、ムダ毛1本ずつに針を刺し電気を通す方法です。時間もお金もかかる上非常に痛いというデメリットがある半面、とりこぼしなく徹底的に脱毛できるというメリットがあります。

現在主流になっている永久脱毛は医療レーザー脱毛です。レーザー脱毛というとどこでも行っているような気がするかもしれませんが、本当に効果的に脱毛できるものは医療機関でしか扱えない医療機器になります。

アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーなど、光の種類によってもさまざまです。また永久脱毛と言っても、一度でするっとキレイになるわけではありません。

どんな脱毛でもそうですがムダ毛には毛周期という生え換わりサイクルがあり、施術した時に休止期にある毛は脱毛できません。

そこで何度か繰り返し施術することが必要です。永久脱毛を成功させるには無理なく通える良心的なクリニックをみつけて、自分の毛周期やライフスタイルに合った施術を最後までしっかり受けることが大切なのです。