トップ> 脱毛ガイド > 医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは

最近は男女ともに脱毛専門サロンやエピナードのようなフラッシュ脱毛が人気ですが、医療レーザー脱毛という言葉を聞いたことがありますか?

レーザー脱毛自体はエステサロンでも行われていますし、家庭用脱毛器のトリアでも行うことが出来ます。

しかし医療レーザー脱毛はこれらとは一線を画し、医療機関でしか使用を許されない医療用レーザーによって脱毛を行う方法です。

レーザー脱毛という言葉はよく耳にするのでエステでも行っていると思われがちです。しかし本格的に脱毛ができる機器は医療機器なので、医療機関でしか施術が行えないと法律で定められています。

つまり永久脱毛を謳えるレーザー脱毛は、医療レーザー脱毛しかないということになります。医療レーザー脱毛は、使用するレーザーの種類によって区分されます。

医療レーザー脱毛とはアレキサンドライトレーザーやヤグレーザー・ダイオードレーザーなどが使用されています。レーザーは黒い色に反応してムダ毛を処理していきます。

白い肌に黒く浮き出るムダ毛に反応するので、あまりにも日焼けしていると反応しにくいというデメリットがあります。ムダ毛処理を考えている場合は、日焼けのしすぎに注意しましょう。

医療レーザー脱毛を行っているクリニックには高須クリニックや聖心美容外科など、テレビやメディアでもおなじみの美容クリニックがたくさん挙げられます。

回数や永久保証期間・金額・予約の取りやすさなどはクリニックによって異なります。医療レーザー脱毛は毛周期に合わせて数回処置を行います。

毛根が破壊されるため、他の脱毛に比べると遙かに長い時間キレイな状態が続くといわれています。またしっかりした医療機関で施術を受ければ、万一やけどや炎症などのトラブルが起きた場合も対応してもらえます。

医療レーザー脱毛を行う際のポイントは信頼できるクリニックを選ぶこと。この点が一番重要なポイントと言えます。