トップ> 脱毛ガイド > レーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは、レーザーを照射してムダ毛を処理する方法です。最近エステや家庭用脱毛器で主流のフラッシュ脱毛タイプとは異なり強い照射力を持っています。

そこで現在効果的に脱毛ができるレーザー脱毛器は医療機器に指定されており、皮膚科や美容形成などの医療機関でなければ受けることができません。

レーザー脱毛とは一言でレーザー脱毛といっても、使用されるレーザーにはいろいろな種類があります。ルビレーザー・アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザーなどです。

クリニックによって日本人に合った機器だけで行っている所も、数種類をそろえてケースバイケースで行っている所もあります。

レーザー脱毛はレーザーをムダ毛に照射します。レーザーは特定の色に集中するという性質を持っており、ムダ毛だけにエネルギーを集中させて毛根を破壊します。

レーザー脱毛が開発されるまでは、脱毛と言えば電気針脱毛でした。これは非常に痛みが強く時間もかかったため、少ない時間で処理できるレーザー脱毛は画期的な方法として受け入れられました。

現在脱毛サロンや家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛が主流となってきていますが、医療機関で受けるほどの威力はありませんが、家庭でレーザー脱毛ができる脱毛器がトリアが販売されています。多くの方に支持されたレーザー脱毛器で現在も販売されています。

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜く脱毛は、不衛生で肌トラブルの原因になりますので、自己処理でもレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を使った脱毛器をセレクトした方が安心ですし効果が高いです。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛のどちらがいいかは一概に言えませんが、一般的に脱毛効果が高いが痛みが感じやすく医療機関で永久脱毛を行うのでお値段が高めなのがレーザー脱毛、脱毛サロンや家庭用脱毛器で主に利用されていて永久脱毛ではありませんが、痛みが少なく毛周期を遅らせムダ毛を抑えていくのがフラッシュ脱毛ということがいえるかと思います。